学び

実践型教育(PBL)およびSTEAM

Find a passion for success

CITSの実践型教育(PBL)

実践型教育(PBL)とは、生徒が共同でプロジェクトに取り組み、共通の目標を達成しようとするものです。CTISでは学校の設立理念やコアバリュー、カリキュラム、ビジネスや起業家精神の世界を知る手段としてPBLを取り入れています。本校のPBL教育を通して、学校における勉強とビジネス現場のギャップを埋めていきます。

CTISのPBLカリキュラムの特徴は、教育法やPBLプログラムが研究に基づいており、ビジネスシーンで必要とされる能力を効率の良く習得できることにあります。本校の実践型教育に係る5つのクライテリアは以下の通りです。

生徒は、個人またはグループで、研究テーマに基づいてドライビング・クエスチョン(ワクワクする疑問)を見つけ、現代の問題や課題に結びついた研究をします。また、各分野の専門家やビジネス界の著名人をPBLクラスに招き、知識やノウハウを共有してもらうことで、生徒がより深く課題について学べる環境を設定します。

CTISの生徒は、社会で活躍する人や起業家などと関わりをもち、卒業時には、国内外の企業が抱えている国際的なビジネス課題と向き合い、解決に近づくための方法を探ります。また、保護者や外部の専門家の協力のもと、実際に生徒が商品や企画を自ら考え、起業するための方法を楽しみながら学ぶことが可能です。

Discover, Build, Solve

CTISのSTEAM教育

自分の教育的関心を探求するため躊躇わずに行動できる生徒は、モチベーションが高く、教科間の学習のつながりを考え、自分の生活と結びつけることができます。CTISでは、主要科目の理解を深める学際的な授業が、生徒の探求心を促進させます。また、STEAMクラス(科学、技術、工学、芸術、数学)を提供し、将来のキャリアに備え、生涯学習を行っていきます。

STEAM教育のメリット

生徒は、他の教科で学んだことを応用したり、問題を分析し、チームメイトと協力して解決策を見つけたりすることに挑戦します。CITSでは、失敗は学習する上で重要なプロセスと捉え、個人やグループを十分にサポートする環境を整えています。

本校では、Scratchを使用し、コンピュータープログラミングの基礎を教えています。このソフトでは、生徒がアニメーションのストーリーや簡単なゲームを個別に作成したり、グループでデザインしたりすることができます。その後、MineCraft Educationでは、仮想世界で一連のタスクを実行するためにMineCraftエージェントをプログラミングし、より複雑なプログラミングの概念を学びます。また、生徒が電気回路とプログラミングの理解を深めるにつれて、Arduino educational kitsとプログラム可能なロボットから電子機器を組み立てる機会を設けます。

STEAM教育は、東京の街中でも行います。首都にある本物のFABラボを訪れ、様々なを体験したり、革新的に問題を解決していく大人達の姿を見たりして自分の課題と関連付けて考えられるようにします。

Scroll to Top