学び

国際的大学入学資格

International Qualifications for College Acceptance

CTISは、国際バカロレア(IB)のカリキュラムを採用し、開校する特定の学校ごとにIBによる認定を受け、リーダーシップチームが作成した認定スケジュールに従って完全なK-12インターナショナルスクールとなることを目標として設立されました。この認定プロセスの最初のステップは、2022年にCTISがPYPプログラムについてIBから候補校の資格を与えられたときに完了しました。IBからの正式な通知は下記をご覧ください。

国際バカロレアは、探究型カリキュラム、卒業証書の学術的価値、そして卒業する高校生が日本や世界で国際的に通用することから、理事長の佐藤とCTISのリーダーシップチームは他の教育認証機関よりも国際バカロレアを選択しました。これにより、CTISを卒業する生徒が、自分の学問的興味やキャリア目標に最も適した大学を検討する際に、海外や日本の大学が国際バカロレア資格を受け入れ、あるいは国際バカロレア資格保持者に特定の入学手続きを設けているという事実により、多くの選択肢を持つことができるのです。また、日本の文部科学省は、国内の教育機関に対し、国際バカロレア教育プログラムの導入や国際バカロレア校への移行を積極的に支援しています。国際バカロレア資格を認定している国や大学の一覧は、以下の国際バカロレアサイトでご覧ください。

文部科学省の国際バカロレアコンソーシアムでは、国際バカロレア資格を取得できる日本の大学のリストや、国際バカロレアを紹介するワークショップやイベントの情報などを掲載しています。

また、CTISは日本国際バカロレア協会や日本インターナショナルスクール協議会など、小・中・高等学校のIB認証取得に伴い、IB関連団体や日本独自の教育団体に加盟する予定です。これらの団体に加入することで、CTISと海外や地域の教育専門家のネットワークとのつながりをさらに強化し、CTISスタッフの専門的な能力開発を促進し、CTISの教育プログラムの継続的な開発と改善を確実なものにしていきます。

国際バカロレアからの正式なお知らせ

CTISは、国際バカロレア(IB)PYPの候補校(※)です。本校は、IBワールドスクール(IB認定校)としての認定に向けた申請段階にあります。IBワールドスクールは、「質の高い、チャレンジに満ちた国際教育に信念をもって取り組む」という理念を共有する学校です。CTISも、このような教育に取り組むことが、生徒にとって大切であると信じています。

(※)IBの「初等教育プログラム」(PYP)、「中等教育プログラム」(MYP)、「ディプロマ・プログラム」(DP)の3つのプログラム(および「IBキャリア関連サーティフィケイト」)を実施することができるのは、国際バカロレア機構に認定された学校のみです。候補校であることは、IBワールドスクールとして認定されることを保証するものではありません。 国際バカロレア機構およびIBのプログラムの詳細については、ウェブサイト(http://www.ibo.org)をご覧ください。

CTISは開校を機に、国際的な大学入学資格として認定されることを目指します。同資格は世界最大級の国際的な学術プログラムであり、各国の教育制度が同資格の活用にシフトしているケースが多くなっています。日本では、文部科学省が同プログラムと教員養成を推進しており、国内には百数十の候補者と認定校があります。CTISの教員は、文部科学省コンソーシアムが提供するワークショップから教授法を改善するための専門的な開発を通じて、生徒の生涯学習のモデルとなることが期待されています。CTISは文部科学省および国際大学入学資格機構と協力し、多様な学習者からなる国際社会の教育ニーズに応えていきます。また、今後、国際教育機構のワークショップが開催される際には、本キャンパスの学習スペースが活用されることが期待されます。国際大学入学資格認定プログラムは、現在、日本の多くの大学で受け入れられ、世界中の高等教育機関でも認められています。CTISの卒業生は、自分の学問的興味やキャリアに合った国内外の大学への入学を選択することができます。

Scroll to Top