お問い合わせ

よくある質問

Q 普通の日本人家庭ですが、子どもは入学できますか。

もちろん大丈夫です。私どもCTISは生徒の国籍・人種や出身を問わず、世界の全ての文化を尊重し、生徒を受け入れています。英語が苦手もしくは学習経験がなくても、全面的にバックアップしますので是非ご安心ください。CTISの教育理念に賛同している方であればどなたでも出願することができます。

Q 英語ができなくても入学できますか。

問題ありません。教師陣がお子さんのレベルに応じてサポートします。日々英語での授業を通して自然に英語力が身につきます。

Q 親が英語を話せないですが、先生とコミュニケーションが取れるか不安です。

日本人教師がいますので、日本語でコミュニケーションすることが可能です。親御さんはたとえあまり英語を話せなくても支障がありません。

Q 学校認定機関からの認可を得ていますか。

CTISは2022年内、国際バカロレア課程の候補校になるよう申請する予定です。詳細は入試担当者にお問い合わせください。

Q CTISは小学部のみでしょうか。

CTISはまず2022年4月に小学部を開校します。2023年4月に幼稚部(キンダー)および中学部(ミドルスクール)を開校する予定です。さらに高校部(ハイスクール)も設置しますので、2026年には全日制の幼稚部から高校部までを持つ教育機関にすると計画しています。

Q入学できるのは4月のみでしょうか。

新入生の入学時期は毎年の4月のみです。編入希望者の出願は年中受け付けており、合格者は随時ご希望年次のクラスに編入できます。

Q学費等の資金サポートが受けられますか。

佐藤理事長が現在財団法人寿澄の設立の準備をしています。優秀でありながら経済的理由により、一時的に進学が困難な学生に対して返済不要の奨学金を提供する予定です。詳しい情報は入学後にAdmissions Managerにご確認ください

Q特定の宗教に関連した学校でしょうか。

CTISは特定の宗教と関連ありません。全ての宗教や文化、国籍、出身の方々を尊重し、受け入れを行います。

Qクラスの人数はどのくらいでしょうか。

小学部から高校部まではTeacher-Student Ratioがだいたい1:10で(教員1人あたり生徒10人をケアする)、日本におけるインターナショナルスクールの中でもかなりの少人数制となります。幼稚部の場合、教員のみならず保育助手もともにサポートします。

Q学校が生徒のランチを用意してくれますか。

CTISがセレクトした広尾エリアにあるレストランと連携し、生徒に栄養バランスの良いランチをご用意します。

Q制服はありませんか。

CTISではTシャツ、スウェットシャツ、パーカーがユニフォームとなります。ユニフォームは、体育の授業や学校から指示された特別なイベント以外は、毎日着用することを規定しません。

Qスクールバスはありませんか。

CTISは港区南麻布に位置しており、広尾駅から徒歩10分圏内で抜群なロケーションとなります。現在スクールバスの運行を計画していません。

QCapital Tokyo International Schoolの運営法人名を教えてください。

株式会社CTISです。

ほかにご質問がある場合、お問い合わせフォームをご利用ください。

Scroll to Top