CTISについて

校長からのメッセージ

皆さんにCapital Tokyo International schoolのご案内をします。
私たちは、世界的に認められている国際ディプロマ教育プログラムと協力して、モンテッソーリ教育に基いた教育環境を設定し、児童生徒の思いやりや探求心の育成を目指しています。

2022年、発展し続ける日本の首都・東京に小学校を開校します。近年中には、一貫した教育活動を行うため、幼稚園、中学校、高等学校を新設し、完全なK-12インターナショナルスクールを設立します。本校は、4月と9月に学校年度を開始するという年次スケジュールを設けているため、卒業の際は、日本または海外の大学と予定を調整することが可能です。

在学中は、多様性のある経験豊富な教員とスタッフが、学習の他にも、様々な面でサポートします。メンタルヘルスケアや進路の相談など、児童生徒の目線に立って考え、一人ひとりに寄り添います。また、倫理観を身に付け、道徳心をもった児童生徒を育成するための活動を多く取り入れ、思いやりの心を育てます。

また、カリキュラムに、PBL(実践型教育)やSTEAM教育(科学、技術、工学、芸術、数学)に基づいた科目を取り入れています。これらの学習では、活動の中で課題を見つけ、物事を様々な方面から捉え問題解決していく力を身に着けることができます。同時に、仲間と協力し合う機会が多くあるため、学習を通じて主体的・対話的で深い学びを実現することが可能です。授業は主に英語で行いますが、日本語教育を重要視しており、専門の教師が日本語を教育します。さらに生徒には中国語(マンダリン)もお教えします。

ハイブリッド型授業が行えるよう、校舎には安全な最新テクノロジーが組み込まれています。校内はオープンで、モジュール式の学習スペースが確保されたスタイルとなっており、児童生徒は様々な場所を自由に行き来することができます。そのため、気軽に教員に質問したり、学習に関することを調べたりすることが可能です。また、学校の設備を使用すれば、離れた場所にいる参加者ともやり取りができます。

学校見学ができますので、本校に興味を持たれた方は、ぜひご連絡ください。
Capital Tokyo International schoolで仲間と共に学び、成長したいあなたを歓迎します。

学校長 Dubhgan Hinchey

Scroll to Top